ブログトップ
ごはんカフェ G
gcafenpub.exblog.jp
生姜力
しばらく放置してしまっている間に、季節は変わり梅雨になっていました。

よく来て下さる方が最近、ジンジャーティをよく注文されるようになり、
お話をうかがっていると、「生姜力」という本を貸してくださいました。

その本の内容は、体を冷やすことは、体調を崩す一番の原因だということでした。

以前から、そういう話を耳にすることは多く、
生姜は体を温めるのに効果的であるということもなんとなくは知識として持っていたのですが、
この本を読んで、生姜への興味が今まで以上に膨らんできました。

体にいいからというだけではなく、もともと生姜の風味が大好きなので、
新生姜が手に入れば、シロップ漬けにしてパウンドケーキを焼いたり、
生姜の炊き込みご飯を作ったり。生姜あんかけなんかも、寒い冬には大活躍します。

しかし、毎日摂取できるわけもなく、湿度が高く蒸し暑い季節でも、暑い日中に汗をかきながら長袖や靴下は履けません。

そこで手っ取り早く冷えを解決する方法が、ジンジャーティだそうです。
雑誌などではダイエットや、デトックス効果が高いという話を良く聞きますよね。
でも、飲みにくいイメージが付きまとっていて、なかなか手が出せなかったのですが、
この本では、暖かい紅茶にすりおろした生姜を適量入れ、黒糖を入れて飲む方法なので、
甘みとコクがあり、美味しくいただけます。

せっかくダイエット効果があるのに、糖分を摂るのはどうなの?
と思ってしまったのですが、黒糖の成分は生姜パワーを引き出すのに必要なものだそうです。

一日に数回飲むコーヒーを、二回ジンジャーティに変えてみると、体が芯までポカポカしています。
代謝が良くなり、お風呂ではいつも以上に汗をかくようになります。
目に見えて、効果が現れるので楽しく続けられるような気がしますよね。

あたしは毎回同じ味だと、飽きてしまうので、
レモン果汁を入れてみたり、少しミルクを足してみたり。シナモンを+してジンジャーチャイなんかもありです。
生姜のすりおろしがなければ、チューブや粉末でも問題はないそうです。

まだまだ始めたばかりですが、日常に取り込めるように、
継続は力なりです。

ちなみに、暖かいところで採れるものは体を冷やすものが多く、その反対に寒いところで採れるものは比較的、体を温めるものが多いんだそうです。

知っておくと、迷った時に意識して体を温めるものを選べるかもしれません。

Gにも生姜は常備しようと思います。
[PR]
by gcafe | 2011-06-23 03:48
<< 昨日の気まぐれごはん 本日の気まぐれごはん >>