ブログトップ
ごはんカフェ G
gcafenpub.exblog.jp
辛い現実 光を作りたい
3月11日、東北地方での地震。
その時、私はお店で友人と笑い話をしていた。

こんなことでお腹抱えて笑える私たちって、幸せやねって。
ホントにその時、同じ国で、最悪の大災害が起こっていた。

ニュースで見た映像は想像を絶するもので、
どんな状況かの事実確認も出来ていないそんな状態の、恐怖の惨劇が流れ続けます。

これだけ情報が行き交う社会の中で、必要な情報が必要な場所へ届かないもどかしさ。
心配ゆえに、良かれと思い流される正確さの怪しい情報の拡散。
それでも無駄にはならないと、コンセントを抜き、少しでも何か出来ていると思いたい。

自分の無力さがもどかしく、できる事のない中で、映像を見つめて涙するだけ。

2日経って、自分にできるなかで必要な事を考えた時、思ったことは被災地ではない大阪で一緒に落ち込んでいても誰の為にもならないということ。

大阪で元気を保って、活性化する様に動くこと。
必要な時に動けるように、日常生活を継続すること。
物では余計なロスが出てしまうため、直接的にいまできる最良の事は、義援金の募集ということ。

単発的な勢いだけでは長期戦には耐えられないということも。

gcafeでは、微力ですが、レジ横に募金箱を設置します。
長期的に置きたいと思っていますので、小さなお釣りが出たときに、入れていただける様にと思っています。

集まった金額を、まとめて募金できる様に、募金先も調べます。
そういった情報は、随時投稿したいと思っています。
小さなことでも、積み重ねると大きくなると信じて。


海外の友人から、facebookを通して、心配のメッセージや、pray for japanの書き込み。
できる限り支援したいと言う声も届きました。

まだまだ、この先。日本はいけます。
頑張ろう。

だってやっぱり日本、すきやもん。
[PR]
by gcafe | 2011-03-14 14:40 | blog
<< 休日の過ごし方 2周年 >>